専用駐車場及び契約駐車場完備

予防歯科

当院では、特に予防歯科に力を入れています。できるだけ歯を削らず、抜かないようにするにはどうすればよいか、患者さんと一緒に取り組んでいます。むし歯の予防は子供から大人まで、歯周病の予防は主に成人の方が対象となります。定期的に来院していただければ、お口の中の状態を良好に保ち、1本でも多く歯を残せるようにいたします。


むし歯予防

フッ素を有効に活用しましょう!
虫歯をはじめする歯と口腔の病気は、全身の様々な健康状態と密接に関連することが分かっています。歯と口の中の状態を良好に保つことは健康的に生きるために大切です。
人の口の中には多くの細菌が住んでいます。飲食などで口の中に糖分が入ると、細菌はそれを代謝して、酸を作ります。これによって、歯の表面は解け、カルシウムやリン酸が抜けていきます。この現象を脱灰といいます。

飲食が終わってしばらくすると唾液の働きで酸は中和され歯の周りは中性に戻ります。このときカルシウムやリン酸は歯の表面に戻ります。この現象を再石灰化といいます。 飲食のたびに脱灰と再石灰化が繰り返されます。脱灰の量が再石灰化の量よりも多い状態が続くと虫歯の穴ができます。

虫歯の予防のポイントは、安全で必要な量のフッ化物を摂取し、糖分の摂取回数を控えめにすることです。フッ化物は歯の結晶を丈夫にし、再石灰化を促進します。糖分を摂取するたびに歯の周りは酸性になりますので、糖分摂取回数が多いと脱灰の時間が長くなります。

フッ素は食べ物や飲み物に含まれる元素です。毎日の飲食から摂取するだけでは虫歯の予防には不足しがちです。不足するフッ化物を補う方法はいろいろあります。地域全体にいきわたる方法としては、水道水のフッ化物濃度を適正に調節することです。個人的に行う方法としては、フッ化物のうがい液でうがいをすること、フッ化物入り歯磨剤を使うことなど、です。

歯科医院でのフッ化物塗布という方法もあります。フッ化物は適正な量を守って使えば虫歯予防に効果があり、安全性も確認されています。

虫歯の穴のあいた歯は元には戻りません。虫歯にならないように予防をすることが大切です。

(参考文献)
NPO法人 日本フッ化物虫歯予防協会編 『オーストラリアにおける水道水フロリデーション―公共政策としての推奨声明と科学的根拠-』一般財団法人口腔保健協会,2019
一般財団法人日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会編 『齲蝕予防の実際 フッ化物局所応用実施マニュアル』社会保険研究所,2017
厚生労働省,https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b6.html ,2019.12.10参照
世界保健機関,https://www.who.int/oral_health/publications/fluroide-oral-health/en/ 2019.12.11参照

歯周病予防

つまようじ法ブラッシングで歯ぐきを元気に!
「つまようじ法」は毛先を歯間に突っ込み、毛先を歯肉に当て、歯肉のマッサージをして、組織を賦活化する、歯周病の予防治療に効果的なブラッシング方法です。その方法はこちらのホームページなどに詳しく紹介されています。

院長の「つまようじ法」  との出会い
私は、歯学部生時代に、つまようじ法発案者の渡邊達夫元教授に「つまようじ法」をしてもらった後、家族や友人、自分の傍にいる人たちにブラッシングしたくなりました。新に仲良くなった友だちにもしました。みんなに、気持ちよく健康になってもらいたかったからです。

今でも「つまようじ法」で、ひとりでも多くの人の口の中がすっきりして欲しいと思いながら仕事を続けています。また、そういう仕事ができるのはとても幸せなことだと思っています。わたしは「つまようじ法」との出会いと、そのつながりの中でのいろいろな出会いに感謝しながら仕事をしています。

つまようじ法による
歯ぐきマッサージで歯周病予防を!

歯周病予防には、歯周病菌が増殖しにくい歯ぐきの環境づくりが大切です。
つまようじ法ブラッシングのマッサージ効果によって、歯ぐきが元気になってきます。
定期的に歯科医院で受けるプロフェッショナルケアと、ご自身での毎日のセルフケアで、健康な歯と歯ぐきを保ちましょう!

プロフェッショナルケア 歯科医院での
クリーニング等の処置

+

セルフケア ご自身での
ブラッシング等

健康な歯と歯ぐきを保って
生涯自分の歯を!

pmj V7(ブイセブン)歯ブラシを使用した、つまようじ法の術者磨き

オーラルフレイル(口腔機能低下)予防

・おいしく食べるためには、しっかり噛めること(=咀嚼<そしゃく>)、しっかり飲み込めること(=嚥下<えんげ>)が欠かせません。この咀嚼<そしゃく>も嚥下<えんげ>も、お口まわりの『筋肉』の働きによって支えられています。

・オーラルフレイル(口腔機能の低下)では、咀嚼<そしゃく>や嚥下<えんげ>をささえるお口まわりの『筋肉』の筋力低下がみとめられます。50代の半数、60代の6割、70代の8割に口腔機能の低下がみられ、80代のほぼ全員が口腔機能低下症と報告されています。口腔機能の低下を放置すると口腔機能障害へと進み回復が難しくなることもありますので、早めの取り組みが大切です。

・特に65歳以上の方では、口腔機能の低下が体重減少を引き起こし低栄養のリスクが高くなります。低栄養になると、サルコペニア(筋肉の減少)、転倒、誤嚥性肺炎などから寝たきりや死亡のリスクが高くなることも知られています。患者様に生涯おいしく食べられるお口を維持していただくために、当院ではオーラルフレイル予防を積極的に進めています。

・オーラルフレイルは適切な指導や治療によって回復することが可能です。早期発見することで健康な状態を維持しやすくなります。お口の機能についても定期検診を受け、生涯おいしく食べられるお口を一緒にめざしましょう。

参考:・日本歯科医師会HP
・太田 緑,ほか,地域歯科診療所における口腔機能低下症の割合, 老年歯科医学33(2),79-84,2018

お子様の口腔機能の発達サポート

生涯健康なお口を維持するためには、乳幼児期からの食習慣や生活習慣、健全な機能の発育がたいへん重要です。当院では、成長期のお子様(乳幼児からおおむね15歳まで)を対象に、むし歯予防のほか食生活や生活習慣など、トータルにお子様のお口の成長・発達のお手伝いをさせていただきます(口腔生育プログラム準備中)。
歯科矯正が必要と判断された場合は、ご希望に応じて矯正歯科へのご紹介をいたします。

pmj木町通
デンタルクリニック

電話

022-234-5550

住所

仙台市青葉区木町通2-3-28
(1階、2階)
*受付は2階です(エレベーター完備)

最寄駅

地下鉄南北線
「北四番丁駅」徒歩8分
仙台市営バス
「東北大学病院前」徒歩2~5分

診察時間

午前 9:00~13:00
午後 14:15~17:30
*土曜日のみお昼(13:00~14:00)も診療しています
*予約制
*緊急時は応相談

休診日

日曜・祝日

バリアフリー対応

当院は
かかりつけ歯科医
機能強化型

歯科診療所です